Business
事業内容

松本伊は多角的な事業展開をしています

松本伊は今から100年前、明治40年(1907年)、兵庫県淡路島で建材業として創業しました。初代・松本伊右衛門、これが企業名の由来であり、国生みの神話で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二神が、日本で最初に創ったとされる淡路島が原点です。その建材業をベースに成長した松本伊は、現在では土木・建設資材の総合商社として、県下でも有数の業績を誇る企業に成長。さらに、学習塾の経営や、ガーデニングショップなどの豊かな暮らしをサポートする生活関連事業へと多角的に展開。活躍の場を広げています。

キーワードは「心のつたわる生きた商品」。変化発展する社会において、多様化するニーズを敏感に感じることができる柔軟な発想であり続けたいと考えています。
これからも、暮らしに豊かさをもたらす「心を満たす快適さ、新しい価値」を創造し続けます。

松本伊の事業展開

土木・建設資材の販売

松本伊の主軸となるのが、土木・建設資材の総合商社事業です。
昭和28年、淡路島で設立された松本伊は、セメントなどの建設資材商社として基礎を築き、現在では大手メーカーとの特約店契約を結び、あらゆるニーズに対応できる体制を確立しています。

販売品目

  • 土木資材
  • 建築資材
  • セメント・コンクリート製品
  • 鋼材製品
  • 道路資材
  • 配管資材
  • エクステリア資材
  • 造園資材
  • 輸入石材
  • 輸入園芸資材
    etc.

土木・建築工事

土木・建設資材の商社として基礎を築いたのちは、資材供給だけにとどまらず設計から施工まであらゆるニーズに対応。島内の主要プロジェクトに参画し、ゼネコンがカバーしきれないフェンスやガードレールの設置、ALC工事、鉄筋組立工事といった特殊工事分野で独自の技術力を発揮しています。
とくに、明石海峡大橋と2000年開催の淡路花博ではビッグプロジェクトの―員として高い評価を受けるなど、以後の営業展開に一層の飛躍をもたらしました。高い技術スタッフと緊密な協力業者とのネットワークでトータル展開する松本伊は、「淡路島発、世界へ」と、その活躍の場を広げています。

施工実績

  • 土木工事
  • 建築工事
  • 法面緑化工事
  • 鉄筋工事
  • 交通安全施設工事
  • 塗装工事
  • 杭工事
  • 防水工事
  • 造園工事
  • ALC工事
    etc.

ガーデン・エクステリアの設計・施工

緑のある庭は暮らしに穏やかな潤いを与えます。松本伊では、「世界にひとつの庭づくり」をキーワードに、エクステリアだけの領域に留まるのではなく、これまでにないサービスと技術を提供しています。
快適で機能的なガーデンづくりの専門家が、プランニングから施工、アフターフォローまでをトータルに展開。西宮に店舗を構える「Four Seasons」では、センス溢れるご提案で、潤いに満ちた暮らしをサポートします。

Four Seasonsのサイトはこちら

教育事業

松本伊の学習塾参入は古く、昭和63年に、地元淡路島で「優塾」としてスタートしました。「知性を磨き、心を鍛える教育」をコンセプトに、子供の人間教育に重点をおき、多くの卒業生を輩出してきました。
また高校部は、代々木ゼミのサテライン予備校と提携し、島内にいながらでも、トップレベルの受験指導の場を提供し、信頼を得ています。

優塾のサイトはこちら

エネルギー事業

地球温暖化対策や東日本大震災以降の電力供給不足により、風力や太陽光に代表される自然エネルギーは発電の際にCO2を出さず、しかも再生可能であることから大きな期待が寄せられています。松本伊では、これまで住宅用~産業用まで各種太陽光発電システムの販売施工を行って来ました。また今までに培ってきた太陽光発電システムに関するノウハウを活かし、南あわじ市に保有する自社の未使用地を活用して太陽光発電所を設置しました。再生可能エネルギーによる発電事業の構築・運営を通じて社会に貢献していきます。

不動産事業

松本伊の不動産事業は、平成9年に始まり宅地分譲開発販売・事業用土地販売・賃貸テナント業・仲介斡旋を展開しています。宅地分譲開発は、「緑ある街並」をキーワードに、幅広い情報ネットワークを活用した情報収集のもとに土地の仕入れから設計・販売までトータルに不動産業務を行っています。また、自社が保有する事業用不動産・テナントの賃貸・管理をしています。新規事業として、人口が増加して都市化が進み今後も安定した高い成長経済が期待できる、アジア新興国での不動産投資・賃貸経営にも取り組んでいます。